ホーム > 「いち」の日記 > 色と温度。

  • 色と温度。

    [14.05.05] 色と温度。


    たとえば蕎麦のこと。四季を通して蕎麦の締め具合やもり汁の温度を気にしてる。ほんのちょっとのことだけど、美味しさがグンと増す。音楽だってそうだ。雨の日、からっと晴れた日、じめっとした日、寒い日、暑い日…。いつも同じ曲ばかりかけないで、その日の温度や周りの景色の色で曲を選ぶ。するとピタリと部屋の中が心地よいステージになる。あっそうそう、たまにichiの部屋の窓を開けっ放しにすることもある。もちろんエアコンなんかつけないで。そよ風にも一役買ってもらうんです。もう言うことなし。