• 一流。

    [11.04.13] 一流。


    どうせやるんだったら、一流になりなさい、トップにたちなさい。よく聞く言葉。この言葉が子供の心にどれだけプレッシャーをかけていることか。そして子供の持っている可能性をつぶしていることか。一流?ってなに?完璧なサービスを提供すること?ホスピタリティーがいきとどいていること?世界に認めてもらえること?お金持ちになること?追いつけ追い越せ!あいつに負けるな!・・・。一流を維持するってとても大変。そして、多くの人を知らず知らず傷つけてる。一流ってなに?ichiをやる上でいつも思うことは、一流なんてどうでもいいことなんだ。グルメサイトの星の数や評価なんてどうでもいいことなんだ。もっともっと自分の感覚を信じてほしい。その店の何が気に入ったのかもう一度思い出してほしい。自分がいいと思ったらそれが最高なんだ。いい店なんだ。評価に惑わされないでほしい。評価をみてると、CPが悪いとか、サービスがなってないとか、愛想が悪いとか、自分の顔がでないことをいいことに好き放題書きまくっている。こんなの読んだらみんな信じちゃうよね。これは、お友達同士で話すことで、世間に公表することではないと思うよ。書かれた人の気持ちを考えて書かなくっちゃね。お店やってる人だって血が通ってる人間なんだから。あっこれ、ichiのお客さんの話でなく、たまたま見たサイトの話です。うわーこんなこと書かれてかわいそーって思うんです。書いた人は相当頭来て書き込みしてると思うんですが、その人にも少しは否があることもあることもあるんだよね、でもネットは一方的だから何の反論もできない。ストレスたまりそー。そんなネットの記事を読みながらichiのお客さんのことを思い出すと、本当いいお客さんばっかりだなーと感謝します。優しい心、いたわる心、楽しめる心、を持っているかわいらしいお客さんばっかり。ichiはいつもこんな素晴らしいお客さんに助けられてます。本当ありがとうございます。だからいつも思うんです。ichiは一流であるより「ichi流」であることを心がけようって。そのほうが心の通ったお店になると思うから。みんなハッピーになろうね。そして、自分の持っているカラーを大切に生きていこうね!